The 巣 in はてな

2016年にADHD診断の出た主婦のブログの、はてな版です

OneNote(Office365 Solo)のショートカットキー

Windows10でOneNoteを使っているんですが、ショートカットキーの表示がされないようでとても使いにくいので、自分の記憶のためにも<自分に必要なもの>だけ抜き出しておきます*1

OneNoteで頻繁に使う(かもしれない)ショットカットキーまとめ

f:id:sonoukeiko:20170630142514j:plain
Free photo: Keyboard, Computer, Keys, White - Free Image on Pixabay - 886462
そうか、シチュエーション別にしないとわかりづらいぞ。
ちなみに太字や下線、コピペの仕組みはWordと同じです。たぶん。

▼ノートブックの移動など

タブバー/ナビゲーションウィンドウ/ページキャンバスで移動
  • F6

めちゃめちゃ便利。いまの位置がわかります。「どのノート」の「どのセクション」の「どのページ」か、ナビゲーションが開いて、開いているところが色づきます。
F6で表示された状態だと、ページタイトルの並んだところの右上、虫眼鏡に選択が当たってます。
F6をもう1回でノートブックを選択→もう1回でセクション→もう1回でページタイトル→ページの中身に戻ります。

セクション操作
  • Ctrl + T

ノートブックのすぐ下の、ページを持てるものが増えます。

  • Ctrl + Tab (Ctrl + Shift + Tab)

セクション内で次のページに移動します(前のページに移動します)。

現在のノートブックを同期
  • Ctrl + S
  • Shift + F9

要は保存ですね。オンラインの保存場所に同期してくれます。

▼文章を書く

ページタイトルに戻る
  • Ctrl + Home

で一番上に戻ります。

見出し 1 スタイルを適用
  • Ctrl + Alt + 1

見出しレベルは6つ。操作は1に2~6を置き換えればOKです。

すべての書式をクリアする
  • Ctrl + Shift + N
段落のインデントを増やす
  • Alt + Shift + →
  • Tab (Shift + Tab だと減る)

いずれかで行います。
ちなみにこれで矢印を↑↓するとどうもアウトライン上で移動が可能のようです(見出しレベルはそのまま)。

アウトライン操作
  • Alt + Shift + 1

アウトラインの表示レベルを変えられます。上の例だとレベル1まで表示。
アウトラインはレベルを9まで増やせるようです。1を2~9に置き換えるとそれぞれのレベルまで表示できて、0にすると全部のレベルを表示します。

  • Alt + Shift + +

+の符号にすると折りたたまれているアウトラインが開いて、

  • Alt + Shift + -

-の符号にすると開いているアウトラインが閉じます。

▼ノートを検索する

いま開いているノートの中で検索
  • Ctrl + F

検索ボックスがナビゲーションタブのあたりに開きます。Tab移動してプルダウンメニューから、検索場所を選択。
「すべてのノートブック/現在のノートブック/現在のセクション/現在のページ」の中から選べます。

その他

ほかにも他のユーザーとのノート共有とかもあったので、グループで使っている人はそちらの確認もおすすめ。

*1:元のショートカットキーリストは本家のこちら

広告を非表示にする