読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

このブログの紹介(2017年2月1日追記)

ブログについて 目標・抱負・ねらい

何を書くか?

他のブログで書き残していることを書きたい

はてなブログでは日記代わりのブログを書くことにしました。
私のふだん取り組んでいることのうち、

  1. 大人のADDライフをうまく回すこと
  2. かぎ針編みを含むDIYを愉しむこと
  3. エレキギター演奏を習得すること
  4. 在宅での仕事をスタートすること
  5. CSSとかwebデザインを勉強すること
  6. ガンコ(?)な娘に対応した育児を模索すること

1と2はすでにGoogleのブログサービスBloggerで始めたところです。
 やっぱり成人ADDかもしれない?!と、
 Le Saint Rosaire
です。

でも、3と4のほうは4月頃から始めてはいるものの、まだこれからというところです。
(2017年2月1日追記:ADHD関連はこっちにお引っ越ししようかなと思ってます。やっぱり、はてな記法は楽!)

なんで他のブログのほうで書けなかったのか

最近始めたばかりのブログがすでにあるんだから、そっちを充実させるのが筋だって、SEO的な解説記事見て漠然と理解はしているんです。せめて30~100記事くらいは書こうよ、って。みんな言いますよね。そうですよね。

でも、正直、Bloggerって書きづらい。たぶんカスタマイズ性には富んでいるんじゃないかと思うんですよ。実際、フリーのテンプレートとかいっぱい作られていますからね。でも、Wordpressはてなの手軽さに比べると「這い上がって来いよ」感がすごい。

HTMLもCSSも興味があるから、手を入れればいいんだろうけど、いかんせん、時間がない。子育てに時間取られてしまって。というか、何か一つのことを始めるとのめりこんでしまって、他に今日やりたかったことを「うっかり」忘れてしまうんですよね。まさにADD脳。

「這い上がりたい」んだけど、そもそもの「這い上がるべき対象」が増えては忘れを繰り返してしまうんですよね……。

どう書くか?

書けない状態すらも書き記したい、そして読み返したい

こうして、何かしちゃって書けなくなる状態っていうのも、じつは自分を見つめなおして生活を立て直す上でとても大事なことなんじゃないか。そんなふうに思うんです。

「成人ADD」とか「DIY」ってテーマでブログを括っちゃうと、なんかちょっと個人的な歩みって書きにくくなるじゃないですか。実際、アクセス解析とか見てると、困ったり知りたかったり、テーマに関連した情報を求めてやってきてる人がほとんどなわけです。

日記みたいなのを期待してるわけじゃないんですよね、多くの人は。でも、私(や私みたいな少数派の人)は、他人の生活を覗きたいんじゃないかなと。昔「はてなダイアリー」でご近所さんだった人たちのメンタルヘルスつづったブログを一生懸命読みながら、自分とのわずかな違いやかすかな重なりを噛みしめていました。

私自身が、忘れた頃に私自身の生活を覗きたいのかな。まあ、そういう欲求を晴らす場として、日記って素敵だし、こうしてタイプしていくだけで綴れるっていうブログサービスを利用できるのも素晴らしい。で、ちょっと懐かしい「はてな」だし。

過去を踏まえられように

はてな」に対してノスタルジーを感じてしまうのは、放蕩息子が帰ってきたみたいな感じなんですよ、たぶん。はてな記法を思い出しながら書くことさえ、私にとっては昔ここに生きてた証を確かめるような作業なんです。

一生懸命悩み自分を責めながら、でもちょっと望みを見つけてここを離れたんですよね。結婚やら仕事やらが何となく滑り出して、でもうまくいかなさ過ぎて小規模なごくごく身内だけのSNSにこもってました。mixiとかね。その後、育児が始まってからはそれどころじゃなくなりましたが。

好き勝手生きているようで、でも、どこにも私自身のなりふりとか生き様を振り返る余裕すらないくらい、じつは地道な取り組みで精神と肉体を酷使してきたんだろうと思います。

それらはけっして無駄ではないんですけどね。いのちを育んでいたりもするわけだし、こちらも命懸けで取り組んでかまわない、っていうか、そうしたいと思うくらいに大切なことなんです。

でも、「私って何だったっけ?」と思う間もなく過ぎ去っちゃった時期ってのは、これまでの人生にあんまりなかったんですよね。

この先の私や、私と家族や、私とだれかを考えらえるように

これから先もそう生きてくのか? もし今後生き続けてくとして、もっと効率よく面白いことにたくさん取り組むにはどうしたらよいのか。もしかして私の経験の何かが、だれかの人生をもっと効率よく楽しめるものにできるのでは、とか。

自分のコップが満たされないと他人のコップに水は注げない。

こんなフレーズをどこかで見かけましたが、まさにこんな感じで、いま、私のコップは満たされてきたみたいなんです。でも、次に何やったらいいのかよくわからない。それに、満たされてるわりには、フラフラ歩いててこぼれまくってるんですよね、こぼしながら誰かに冷や水浴びせてる。それを何とかしたい。まずは、何が上手くいってて何が上手くいってないか。それらは互いにトレードオフの関係にあるのか否か。そこらへんを考えるきっかけを探せたらいいかな。

10年くらいは書いてみよう

ごくごくプライベートなことを書いてる手書きの日記は家にあります。けど、だれかの知恵を書き留めたり、自分の調べたことをシェアしたりというのは、やはりオンラインは便利です。

どちらも今年度から始めた10年日記として、書き続けられたらいいなと思います。

10年、迷いながらも、(私の)人生が少しずつまたより良いものになっていきますように。