The 巣 in はてな

2016年にADHD診断の出た主婦のブログの、はてな版です

不注意優勢型ADHD(ADD)と仕事「超短期バイト」

学校時代も大変ではあったんですが、まあそれは置いといて、仕事の(悲しい)話をしましょうか。標準的な定型の皆さんの集まる集団に馴染まない(馴染めない……)のだから、組織の中でもかなり統制の要求される会社では難しさがあります。

職歴はさほど刻んではいないものの、職種ではわりと幅広く経験してきました。未来のためにちょっと振り返ってみたいと思います。

超短期バイト(売り子)

昔、知り合いに声をかけられて、とあるNRT空港の近くでアルバイトをしました。屋台で売り子をするというものです。10代後半、初のアルバイトでした。

お客さんは不機嫌そうで愛想笑いもしない方々。おそらくは空港周辺住民への定期的な騒音等へのねぎらいイベントだったんではないかと思ったんですが、どうだったんだろう。

とりあえず、ひたすら求められるままにフライドポテトを器に盛っていた遠い記憶があります。

この仕事のポジティブな側面

  • 短時間で終わる
  • 厳密さが要求されない

イベントごとだったので時間も短く、デパ地下みたいなグラム数計測は必要なかったので、非常に楽でした。
この仕事のネガティブな側面

継続できない

アルバイト目的ならいいですけどね。それにしても、定期的なお小遣い稼ぎにもなりませんし、空き時間にやるだけの仕事でした。やはり稼げるほうがいい。
まとめ

不注意優勢でもイケる感じありました。でも、この例はともかく、もし本当に小規模店舗で売るのなら、お金の計算が入ってくるので、ちょっと難易度が上がるかもしれません。